toggle
2017-08-09

くせ毛美容師が教えるグルテンフリー!

どうもーくせ毛の味方美容師ナタリーです。

今回もヘアーネタではないんですが…
健康ネタです。

アイキャッチ画像のクロワッサンめっちゃ美味しそうですよね?つい使ってしまいました笑

前回の記事はこちら→

くせ毛美容師が考える”習慣の大切さ”

最近話題になっているこれにていて!
”グルテンフリー”について書こうと思います。

まず”グルテン”って何?

ってところから説明していきます。
小麦など穀物の胚乳から作られるタンパク質の一種です。
グルテンが入ってる事によりパンやパスタなどが膨らみ、食感に弾力性が出てもちもちします。
多くに穀物に含まれる「グリアジン」と「グルテニン」という成分が水と合わさるとグルテンが生成されるようです。
この2つの成分は小麦以外にも、大麦やライ麦にも含まれています。

グルテンによって起こるアレルギーは大きく分けて下記の2つです。

グルテンアレルギー

グルテン物質を一定以上摂取する事によって、カラダの免疫反応が過剰に起こりアレルギー反応が起きます。
アレルギー反応自体は摂取してからすぐ現れるので、比較的わかりやすいです。
症状としてはこんなものがあります。

・背中や腕にブツブツがでる
・頭が重くスッキリしない・頭痛
・体がだるい・いつも体調が優れない
・気分にムラがあり、イライラしたり不安になったりしやすい
・腰や肘、膝など関節の痛みが出やすい
・下痢などの消化器系のトラブルが多い
・もともと免疫疾患がある
・めまいがして平衡感覚を失うことがある

グルテン過敏症(グルテン不耐症)

グルテンアレルギーに比べて、遅く反応が現れるタイプがこのグルテン過敏症(グルテン不耐症)です。
症状としてはグルテンアレルギーと一緒ですが、食べてすぐ反応が出ないので分かりにくく、他の原因と間違いやすいようです。
またグルテンアレルギーグルテン過敏症(グルテン不耐症)両方持っている体質の方もいるようです。
そして、一番分かりにくいのは、「軽度のグルテン過敏症(グルテン不耐症)」です。
この場合、小麦製品を食べた後の時間も含めて注意深く観察して見る必要があります。

では改善や対策はどうしたらいいの?

ここで出てくるのが”グルテンフリー”という食事法です。
小麦・大麦・ライ麦・オート麦などの麦類を一切取らない食事法です。
具体的な食べ物いうと、ラーメン・パスタ・うどんなど麺類、パン、ピザ、クラッカー・シリアルなどの菓子類にもグルテンは多く含まれています。
またビールや麦芽飲料にもグルテンは入っているので、ビール好きにはグルテンフリー生活は厳しいかもしれませんね笑

グルテンが含まれないものしては、野菜・魚・フルーツ・肉などは大丈夫です。
またアルコールも麦芽を使用していないものであれば問題ないので、お酒好きでも可能です。
最近では、パスタも小麦粉を使わずに米粉を使用しているものもあるので是非チェックしてみてください。

そして、実はグルテンフリーダイエットにも効果的だったりします!
最初に説明した「グリアジン」が最近の研究で人間の食欲に関係してることがわかったそうです。
食べても食べてもまだ食べたいなんてことありますよね!?
それがグルテン(グリアジン)による可能性があるらしいのです。
僕もいつもパンは食べ過ぎてしまう気がします…

なのでグルテンフリーにする事によって、食欲を必要以上に高まることがないのでダイエットにも効果的なんだそうです。
またアルコールにも食欲増大効果があるので、ダイエットするのであればできるだけ摂取しないように心がけるといいと思います。

まとめ

アレルギー症状に悩まされていないとなかなかグルテンフリー生活の徹底は難しいですが、少しでも意識して生活してみるとより健康な体になれるかもしれません。

最近は口癖のように言っておりますが、やはり食事も普段の”習慣が”大事ですね。

カラダのことを考えながら食を楽しめる生活なんて素敵ですよね*

→LINEでくせ毛の相談をする

→成田順一のヘアスタイルカタログ