toggle
2017-09-22

子ども達の未来をつくるヘアドネーションってなに!?

どうもーくせ毛美容師・ヘアケアプランナーのナタリーです。

今回は、最近だいぶ知ってる方も増えてきてるこの話題。
”ヘアドネーション”について書いていきます。

最近では、多くの芸能人などがやっていて、それによってヘアドネーションの認知度が上がっていますよね。
ベッキーや熊田曜子、ダレノガレ明美などもヘアドネーションしたのは有名ですよね。

ヘアドネーションとは?

ヘアドネーションとは、小児癌などの病気や闘病で髪を失ってしまったり、先天的に無毛症の子供達に医療用かつらを提供しようという活動です。

子供達のための活動

では、なぜ寄付が必要なのか?という点について説明します。

人毛の医療費ウィッグってとても高額なんです、オーダーメイドでないショートウィッグですら5万くらいします。
ましてやフルオーダーのウィッグとなると30〜50万くらいです。
それに子供用のウィッグはなかなか少ないので値段が高くなる傾向にあります。

もちろん値段もそうですが、小さい時期にそのような状況にあるのは、心身共にとても負担が大きいと思います。
せめて人毛の髪の毛でサポートできれば違いますよね。

いつも言ってますが
〝髪型は人生を変える力を持っているもの〝です。

だからウィッグであれ、髪の毛の有無がその子の未来までも変えてしまうかもしれません。
間接的にですが、その子たちの力になれるのであれば人として参加するしかない…
いや、むしろ是非参加させていくださいって思いです。

日本でヘアドネーションを専門に扱うNPO団体があります。

JHDAC(ジャーダック:Japan Hair Donation&Charity)です。

僕はいつもインスタてチェックさせていただいています。実際にどのような活動をして、どんな子たちにヘアドネーションした髪が渡っているのかって知れるとすごく感動します。

【事務局だより】 特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charityは、2017年9月1日をもちまして、法人設立9年目を迎えることができました。 皆様よりご寄付頂いた毛髪と募金を用いて、フルオーダーメイド医療用ウィッグの無償提供を行う、日本で唯一初めての非営利団体のNPO法人として、2009年に活動を開始。 活動当初は日本にない価値観ということもあり、あまり理解されづらく今思えば苦労と手探りでやってきましたが、どうにかこれまで、全国のたくさんの子ども達の元に、ウィッグをプレゼントすることができました。これも「ヘアドネーション」を通じて繋がり、当団体の活動を様々な場面で支えてくださった皆さまのおかげであります 皆様には心より御礼申し上げます。 また年内には、9都道府県で行う「メジャーメント」および、30名以上のウィッグ提供を実現するべく、県外での活動も控えております。髪が繋ぐ善意のバトンを、1人でも多くの子ども達の元へ届けられるよう、全力で取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願い致します。 特定非営利活動法人 ジャパン ヘアドネーション&チャリティー 事務局一同 https://www.jhdac.org/index.html #ジャーダック #ジャパンヘアドネーションアンドチャリティー #ヘアドネーション #jhdac #japanhairdonationandcharity #ヘアードネーション#nhk#にっぽん紀行#髪が繋ぐ物語#髪がつなぐ物語

NPO JHD&Cさん(@npojhdac)がシェアした投稿 –

【活動報告】 山梨県在住、7歳と15歳の女の子(脱毛症)2名のメジャーメントが完了しました(LAD山梨)。 🌲 この頭の型を取るメジャーメントを元に一人一人の頭の形に合わせたwigを皆様からドネーションされた毛髪100%使い、医療用wigとして定められているJIS規格のwigで作成いたします。 🌲 ※このJIS規格のwigでないと医療用として国から認められておりません 🌲 通気性や着用感なども含め、肌への負担が少ないものが求められることから、「JIS規格(規格番号:JIS S9623)のフルオーダーメイド医療用ウィッグ」を無償で提供しております。 🌲 また、ヘアドネーションによりご寄付いただく長さを31㎝として確保することにより、ウィッグの毛髪を抜けにくくする植毛方法が可能となります。 🌲 このメジャーメントを終えますと2ヶ月弱で製作しwigをお渡しできます 今回もメジャーメントの場所をレディースアデランスにて場所提供を受けて行われました。 ご協力して頂いた皆様に感謝いたします! これで待機人数も少し減りますがまだまだwigを待っておられるお子様がたくさんいますので、なにとぞ引き続きご協力の方お願いいたします 🌲 #ジャーダック #ジャパンヘアドネーションアンドチャリティー #ヘアドネーション #jhdac #japanhairdonationandcharity #ヘアードネーション#nhk#にっぽん紀行#髪が繋ぐ物語#髪がつなぐ物語#アデランス

NPO JHD&Cさん(@npojhdac)がシェアした投稿 –

ヘアドネーションをする上での注意点

・31cm以上の長さが必要(15cmから寄付できる団体もあり)

・髪が完全に乾いていること

・切り口を輪ゴムでしっかりまとめてあること

・髪束は同一人物ごとにまとめること

どこでもヘアドネーションできるか?

美容室によっては対応してくれないところもあるかと思います。やり方を知らなかったり。
なのでオススメなのは、住んでるお近くのエリアのヘアドネーション賛同サロンを選ぶという事です。

賛同サロンはJHDACのホームページから確認できます。

また個人で送って寄付することも可能ですが、自分で切るのは大変なので美容室に来ていただいた方がいいかと思います。

興味があるけどこの長さでできるかわからない、今後ヘアドネーションをやりたいけどうやって伸ばしていけば良いかわからないなどなど、わからない方は是非相談だけでもお受けいたします。

あなたの髪の毛が、子供達の未来をつくるんです。

あなたもこんな素敵な活動ヘアドネーションやってみませんか?

あなたの未来もひょっとすると変われるかもしれませんよ*

浦和美園・東川口で美容室をお探しの方、ご相談からでも承っておりますのでどうぞ*

→LINEでくせ毛の相談や予約をする

→お客様の施術例はここちら