toggle
2017-07-19

美容師が教える抜け毛・薄毛について!

どうもーくせ毛の味方美容師ナタリーです。

今日は普段から営業中によく質問されるこれについて!!

”抜け毛”です。

”最近抜け毛が多くて心配なんですが大丈夫ですか?”
ってよく質問受けます。

なので今回はこれ!

抜け毛の原因と対策についてです。

まずは原因から

薄毛や抜け毛には悪玉男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。
この悪玉男性ホルモンはによって、薄毛や体毛の増加や精力の低下などの影響があるようです。

そして髪の成長を抑制する力によって正常なヘアサイクルを乱し、抜け毛が進行していくことで髪は次第に薄くなります。

ヘアサイクルとは?

髪の毛が作り出されて自然に抜けるまでの周期のこと、「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルからなっている

成長期:男性が3年〜5年 女性で4年〜6年 ヘアサイクルの80%がこの成長期です

退行期:毛母細胞の細胞分裂が少なくなることで髪の毛の成長はストップする時期
期間は2週間ほど

休止期:毛根が機能しなくなる時期、次に髪の毛が生えるまでの準備期間、3ヶ月〜4ヶ月ほど
この期間に新しい毛根が作られ、古い髪の毛は押し出されて抜け落ちます。この時期が一番抜け毛の大きなる時期です。

 

正常な状態の抜け毛

正常な状態でも、1日50本から100本は抜けていると言われています。
正常な抜け毛は、毛先まで太さが大体均一です。

そして抜けた毛根の部分に十分なふくらみがありマッチ棒のよう形をしています。
健康な毛根の色は透明です。

頭皮の異常による抜け毛

頭皮の異常によりヘアサイクルが乱れた状態だと、抜け毛は細く柔らかくなっています。
一度に100本以上たくさん抜けてしまう場合などは要注意です。
(産後などの抜け毛は別です)

また毛根のふくらみが無い状態や、毛根の色が透明ではなく黒ずんでいたりするのも異常のサインかもしれません。

シャンプーの刺激

洗浄成分の強いシャンプーの場合、頭皮が刺激を受け過ぎる可能性がります。
また必要な油分まで取り除いてしまうことで頭皮環境を悪化させ、抜け毛や薄毛の原因になってしまうことがあります。

シャンプーのポイントとしては、シャンプー剤をつける前の予備洗いをしっかりしてモコモコの泡を作ります。そして指の腹でマッサージをするように洗うことです。
(注意:爪を立てて洗わないように)

1日に何度もシャンプーをするのもよくありませんので、基本的に1日1回を心がけましょう。

今の時期など汗をかいて気持ち悪い場合は、お湯だけでもある程度汗や汚れは落ちますので、お湯で流すだけでも十分だと思います。

ストレス

慢性的なストレスは自律神経の乱れを引き起こし、血行不良を促してしまいます。
血行不良により、頭皮や毛根への栄養補給がされにくくなってしまうのでこちらも抜け毛や薄毛の原因と考えられています。

タバコによる血行不良

血行不良が良く無いことは先ほども言いましたね。
タバコを吸うと血管が収縮してしまい、この血管が戻るまでにしばらく時間がかかります。
なので吸っている方は、血行の悪い状態が続いてしまうのです。

健康面も考えて、本気で抜け毛・薄毛に悩んでいる方は辞めることをお勧めしますね。

ドライヤーを使わない

お客様でも髪を乾かさない方って意外に多いのですが…
もちろん髪にも良く無ないですが、実は頭皮にもすごく悪いです。

濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌が繁殖します。
この雑菌が頭皮の健康を害する場合があり、

過剰に増えてしまうと皮脂によって毛穴の詰まりが起こり正常なヘアサイクルが行われなくなったりしてしまいます。

紫外線

紫外線により頭皮が乾燥を起こしたり、髪の毛のタンパク質やコラーゲンが破壊され髪の毛が細くなったりします。
また紫外線は毛乳頭細胞を刺激するので、髪の毛の成長を阻止してヘアサイクルを乱すこともあります。

対策

対策としては、上記の点に注意してなるべく血行の良い状態を作るということです。
普段からなるべくヘアサイクルの乱れが出ないようなお手入れや生活習慣から見直してみてください。

全ての事柄は、”習慣”から結果が生まれるなんて言いますからね。
ヘア以外のことも日頃からいい習慣を身に付けたいですね。

→LINEでくせ毛の相談をする

→成田順一のヘアスタイルカタログ